ゴムタイヤ産業用工具

公開日:2020-06-04 ブラウズ回数:249

  メカニカルブレード専門は鉛筆を削る機械用ナイフです。機械部品のほとんどは炭素及び合金構造鋼で作られています。旋削という材料は帯状切り屑が多く形成されています。

  製品の分類::

  メカニカルブレードの種類は、折り曲げマシン金型、切削機ブレード、段ボールマシンブレード、切分けマシンブレード、ストリップブレード、プラスチッククラッチブレード、ゴムブレード、紡績マシンブレード、皮革メカニカルブレード、冶金マシンブレード、食品マシンブレード、金属マシンブレード、縦断カッターブレード、エッジブレード、修理などの様々な標準的なマシンブレードがあります。

  適用範囲:

  金属化膜、タバコ、包装材料、B 0 PP薄膜、プラスチックの破砕、辺封、中封、底封製造機、食品機械、薬品、電線、印刷、製紙、アルミ箔、金属化膜、タバコ、電子、軽工業、食品、BOPP薄膜、鉄鋼冶金、電気、電気、造船、皮革、ゴム、化繊、ガラス繊維、紡績、文具、プラスチック、飼料、紙管、段ボール箱、木工、林業などの業界です。

  アプリケーション性能:

  1、高硬度と耐摩耗性硬度はメカニカルブレード材料の基本的な特性です。メカニカルブレードはワークから切粉を切ります。その硬さはワークの材料の硬さより大きくなければなりません。切削金属用のマシンブレードの切削刃硬度は、60 HRC以上が一般的です。耐摩耗性は材料が摩耗に抵抗する能力である。一般的には、メカニカルブレード材料の硬度が高いほど、耐摩耗性が良いです。組織の中の硬質点(炭化物、窒化物など)の硬度が高いほど、数が多いほど、粒子が小さいほど、分布が均一であれば、耐摩耗性が良いです。耐摩耗性はまた、材料の化学組成、強度、微細組織および摩擦領域の温度に関連しています。材料の耐磨耗性WR:WR=KICO.5 E-0.8H 1-443式で、日本一材料の硬度(GPa)eの硬度が高いほど、耐摩耗性が高いことを公式で表します。

  2、十分な強度と靭性は、メカニカルブレードを大きな圧力に耐えさせ、切削過程で頻繁に発生する衝撃と振動の条件下で作動させ、ブレードと折れを発生させない限り、メカニカルブレード材料は十分な強度と靭性を持たなければならない。

  3、高い耐熱性(熱安定性)と耐熱性は、メカニカルブレード材料の切削性能を測る主要な指標です。機械ブレード材料は高温条件下で一定の硬度、耐摩耗性、強度、靭性を維持する性能を指します。メカニカルブレード材料はまた、高温での抗酸化能力と良好な接着と拡散防止能力を持つべきである。即ち、担当芸材料は良好な化学安定性を持つべきである。

  4、熱物理的性質と耐熱衝撃性に優れたメカニカルブレード材料は熱伝導性が高く、切削熱が切削エリアから離れやすく、切削温度の低下に貢献します。メカニカルブレードは断続的に切削したり切削液を使ったりすると、大きな熱衝撃(温度変化が激しい)を受けることが多いので、メカニカルブレード内部に亀裂が生じて破断することがあります。メカニカルブレード材料の熱衝撃に対する抵抗力は耐熱衝撃係数のみで表され、Rの定義はR=入ab(1-u)/E a式では、入一一熱伝導率、ab一抗引強度、目一寧白松比、E一一弾性係数、a一一一熱膨張係数である。熱伝導率が大きく、熱を逃がしやすくし、メカニカルブレードの表面の温度勾配を下げます。熱膨張係数が小さく、熱変形を減らすことができます。弾性係数が小さいので、熱変形による交流応力の幅を下げることができます。材料の耐熱衝撃性能の向上に役立ちます。耐熱衝撃に優れたメカニカルブレード素材は、切削加工時に切削液を使用することができます。

  5、優れたプロセス性能は、メカニカルブレードの製造を容易にするために、鍛造性能、熱処理性能、高温塑性変形性能、研削加工性能などの優れた技術性能を要求する。

  6、経済性経済性はメカニカルブレード材料の重要な指標の一つであり、優れたメカニカルブレード材料は単品マシンブレードのコストが高いが、その使用寿命が長いため、部品ごとのコストを負担するのは必ずしも高くない。したがって、機械ブレードの材料を選ぶ時、経済効果を総合的に考慮しなければなりません。


  安徽嘉龍(Jialong)刃物有限会社は中国大陸安徽省馬鞍山市の博望工業団地に位置しており、南京禄口空港から25キロ離れた地点にあります。近くには宁杭高速道路、沪宁高速道路があり、とても交通の便がよいところです。

  業界先輩達のご指導・ご提携のお陰で、嘉龍は刃物専用材料の研究開発、熱処理プロセスの最適化及び表面加工精度等の面で大きく向上してきました。

  当社の刃物は一体型と付け刃型の2タイプに大きく分類されます。製紙、プラスチック、ゴム、皮革、木材、紡績、金属等に対して用いられ、各業界の切断、粉砕、削り、塗装といったあらゆる用途に使用されております。

  創業数十年以来の刃物製作精髄と精密補修の心得を蓄積して、2013年に関連設備製造の支社を創立しました。操作自動化、保養簡便化、加工精密化を凝縮したCNCマシンニングセンター、ナイフ研磨機、研磨マシンニング、CNCガントリーフライス盤等シリーズの加工設備を研究開発しました。当社製品の品質改良の基礎を築き、産業モデルチェンジおよびアップグレードに成功しました。

  高品質な刃物及び良好なアフターサービスによって、海内外のユーザー各位に高い評価を得ております。


安徽嘉龍刃物有限会社 著作権所有 免責声明 皖ICP备05018347号-1
テクニカルサポート:网新科技www.ibw.cn