カッターの刃はどんな材質を使いますか?

公開日:2020-05-22 ブラウズ回数:71

切紙機の刃は鍛造材料を用いて生産し、刃の刃の先が鋭くて丈夫になり、刃はユーザーの要求によって生産できます。この種類の刃の材料は主に高速鋼(鋒鋼)で、全高速鋼の刃と高速鋼をはめ込む二つの種類があります。

1、全体の高速鋼:ブレード全体の高速鋼(鋒鋼)HSS。このような材質の刃の刃の口は比較的に鋭くて、刃の体の光潔度は高くて、さびにくいです。

2、高速鋼をはめ込みます。刃の刃の口はハイスピード鋼をはめ込み、刃体は炭素鋼です。このような刃の刃は鋭利で、鋼質の性能は安定しています。全体の刃体は折れにくいです。注意事項:刃体は錆びやすく、操作が終わったら刃が綺麗になるようにしてください。

3、高速鋼を圧延する:高速鋼を高温で炉内で正確に溝を開けたブレード基板に、密度が高く、脱落しにくい。元の結晶粒はより微細化され,耐崩刃性が強い。高速鋼と基体の結合には転移がなく、隙間がないなどの欠陥があります。刃の口は剥離がなく、使用寿命と表面の美観度は嵌込刃よりも優れています。(この高密度溶接手法は、普通の溶接と同じ材質に大きく優越しています。この技術で生産されたブレードは、寿命が長く、剥がれにくいです。)

以上が主な3つのプロセスは高速鋼を区別していますが、異なる高速鋼の種類の区分によって、刃のコストが違ってくるため、刃の寿命、鋭利さとせん断効果の違いがあります。ブレードは異なるカット方式、カット製品によって異なる銘柄の高速鋼(W 3、W 4、6542、W 18Cr4 V、M 2、M 35、M 42、SKH-9、SKH-51)など国内外の高速鋼を選択して生産しており、硬度は67°に達する。

安徽嘉龍刃物有限会社 著作権所有 免責声明 皖ICP备05018347号-1
テクニカルサポート:网新科技www.ibw.cn